わきがと食事について

///

///

わきがと食事

わきが,食事

わきがと食事

黒人ではほぼ100%の人が、欧米人では70%の人がわきがであるといわれていますが、日本人では10〜15%、中国人では10%以下とわきがの発生率に大きな差があります。

これは昔、狩猟民族であったか、農耕民族であったかということが関係しているようです。

肉類を多く摂取していた狩猟民族にはわきがが多く、穀物や野菜を多く摂取して暮らしていた農耕民族にはあまりわきがが少ないのです。このことからも、食事とわきがには大きな関係があることがわかります。

食生活が欧米化したことで、わきがの原因となるアポクリン腺ができたり、数が増えたりすることはありません。

しかし、動物性たんぱく質や脂肪などを多く含む欧米風の食生活を続けることにより、元から持っていたアポクリン腺の活動が活発になり、汗の分泌も活性化して強いわきが臭を発するようになります。

肉食=わきがということではありませんが、肉類を多く摂取することはわきがの原因のアポクリン腺を刺激してしまうので、わきがの臭いが気になる人は控えるほうがいいようです。

わきがだけに関わらず、肉類に偏った食生活は体のためにもよくないので、野菜類もたっぷり摂り、バランスのよい食事を心がけましょう。


★ わきが専門店リンク集